netshopオープンへの道 VOL46 −MEGU☆ニューヨークに行く!?−



ショールームが終わり、

サンプルや機材を撤去して、2,3日経った頃、

当時購読をしていた

フランスの繊維業界の新聞Journal du Textileで

 

 

以前ブティックに出店していた時に

一緒だったブランドが

あるページの一面に載っているのを見た。

 

 

この時で2回目となる

フランスのとあるオーガニゼーションが開催している

ニューヨークでの、Trainという展示会での話で

 

 

ニューヨークの展示会での成功模様がインタビューされていた。

 

 

ニューヨーク・・

 

確かに、今の時代、やっぱりアメリカかもしれない・・

とてつもないお金持ちがいる街・・国・・

 

 

 

ニューヨークで、展示会を開催するのも手かもしれない。

 

 

早速、当時とっても仲がよかった

9月のCasaboに一緒の出展をした

同業者フレンドに電話をして、

 

すぐさま!

そのJournal du Textileを持って、

カフェで待ち合わせ、彼にもその記事を見せた。

 

 

彼も私が感じたような・・

明るい未来というか、

とてつもない希望を感じたみたいで・・

 

 

翌日には、そのオーガニゼーションまで

問い合わせをしたとかで

 

詳しい情報を連絡してきた。

 

 

この忙しい身の二人が、こんなに瞬時に時間を見つけて

動くということは、ものすごい期待感があったのである。

 

 

彼が言うには、

国をまたいで出展するというのは、

旅行で自分たちが着る洋服を持っていくのとは、違って

商業用なんちゃらかんちゃら持ち出しなんとかを作成して

税関を通さなくては、いけないとか・・

 

 

その費用や、手続きが大変なのは、大変であった。

 

 

それでも、二人とも、すっかりその気になって

それから、ニューヨークに行くことを考えて

 

 

忙しい合間をぬって、ホテルや、航空券を調べたり、

 

 

前から、食べてみたかった

街角のホットドックを買う場面を想像したりと

 

 

楽しい妄想の日々に馳せていたのであった。

 

 

つづく。。


*このカテゴリーのブログは物語り形式になっています。今までのお話を読みたい方は、こちらへ

Cart
Category
Recommend
Profile

平野 恵美(megu)

皆様の期待にこたえられるよう、かわいい商品を企画、提供していきたいと思います。
また、ブログではヨーロッパのもろもろについて書いていきたいと思います。
サイズ・コーディネイトの相談などのりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいね☆

Mail Magazine
メルマガ登録・解除はこちら