netshopオープンへの道 vol29 -MEGU第4回目の展示会-






40度の灼熱の中の展示会準備を、なんとか終わらせ、
最後の1週間は、もう、フリーランスの仕事と、
サンプルアップの確認で、てんてこ舞い。


アトリエは、「大丈夫、大丈夫」



と言うけど、この国の大丈夫こそは、当てにならない。
実物が上がったのを見るまでは、油断できないのだ。


案の定、2点ほど、上がってこなかった。
展示会場まで、持ってきてくれるというけど、
展示会は、4日しか開催しないのだから。。頼むよ〜!!
なにしろ、今回は、頑張って少し、大きいところを借りたのだ。

それも、メインストリートのいい場所をくれた。
ほんとうに、このオーガニゼーションには、感謝、感謝の連続。



お昼、ちょい前、アトリエの社長さんが、
サンプルを持ってきてくれた。
正確に言うと、わからなくて2時間余りうろうろしていたらしい。
開催者のCASABOの受付のかわいいおにいちゃんがつれてきてくれた。



客足も、まあまあのいい展示会。
隣は、スペイン人のキュートな女の子。
そのスペイン人の隣が、前に書いたhanna saren


この時、私と彼たちは、ぐぐっと仲良くなる。
商品のテイストや価格帯、卸し先が似ている。
私は、同業者と競い合うあうより、情報を提供しあった方がいいと思う。
でも、なかなかそれが、むずかしい。
相手の人格による。
このhanna達とは、情報交換ができる有意義な関係が築ける。



そして、そして
何より!!


この展示会で、私がこれから、今の彼と出会うきっかけとなる


お客さんができるのでした。。


彼女達は、べらべら話しながら入ってきた。
たいそう感動している様子なのだけど、
何を話しているかわからない。
イタリア人に見えるのだけど、言葉がイタリア語じゃない。



髪の長いほうの人が私に英語で値段を聞く。


私は、商品リストを見て、値段を言っていく。



今度は、髪の短い人がフランス語で私にサイズ展開を聞く。



この人たち。いったい。。何者?


聞いてみたら、ギリシャ人で、
アテネにブティックをオープンしたばかりらしい。




ふつう、オーダーとは、
みて、気に入れば、ちょっとした値段やサイズ展開などを聞いて、
一度出て行き、他をいろいろ見てから、


考えて戻ってくるケースが多い。
(特に、日本人は、ぜったい。。)



でもーーーーー
この人たちは、いきなり、つけだした。



そういえば、この展示会でリバティーのコートを買った
クエートの人は、値段も聞かずに買おうとするので。。


思わず。。

「あのー、うちの服は、高いのですが、大丈夫ですか?」


と、失礼な質問してしまった。


石油大国の金持ちには、値段は、どうでもいいみたい。



そして、このギリシャ人たちは、
ものすごく値段が1番高い、シリーズを買ってくれたのです。
やっぱりリゾート地だから。。
金持ちは、服の値段に糸目をつけない!?


私は、オーダーをつけながら、
いつか彼女達を訪ねて、憧れのギリシャに行こうと夢見たのでした。



この展示会で、さらに嬉しかったことは、
いつも買ってくださっているB○○○○○さんが、
前回の展示会でオーダーされたリバティーシリーズが
入荷して5日で完売したので、今回は、さらに多めに展開したい

と言ってきてくれたことでした!!



多めに展開してくれるのは、もちろん嬉しいのだけど。

何よりも嬉しかったのは、

入荷して5日で完売だったということ。



ほんとうに、ほんとうに、嬉しくて夜も眠れないほどでした。。


つづく。。

*このカテゴリーのブログは物語り形式になっています。今までのお話を読みたい方は、こちらへ


Cart
Category
Recommend
Profile

平野 恵美(megu)

皆様の期待にこたえられるよう、かわいい商品を企画、提供していきたいと思います。
また、ブログではヨーロッパのもろもろについて書いていきたいと思います。
サイズ・コーディネイトの相談などのりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいね☆

Mail Magazine
メルマガ登録・解除はこちら