オープンへの道 VOL 22−ブティックオープンと戦争が始める−





2003年、2月は、
3月からのMEGUのブティックオープンに向けて、
準備に大忙しだった。


ここは、私達のようなクリエーター達が、
数人で共同のブティックを借り、
販売員のお給料、その他、経費を割りカンするのです。


出て行くときは、2ヶ月前に文書で、
ARという受け取りサインを受け取れる郵便で送れば、終了。
まるで、アパートを借りる気楽さ。
礼金、敷金なし。

普通にブティックを借りようと思うと、ややこしい。
家賃は、3ヶ月ごとや、6ヶ月ごとの支払いや、それも前払い。
半年分の前払いきついですよね。。
資金繰りもしにくくなる。


だから、彼女が進めてくれたんです。
リスクがないから。
ここで試して、自分オンリーのブティックを構えた人も多いです。
多分、イザベル、マランもここ出身。


彼女自身も、私が入ると同時に出て行き、
サンジェルマンにブティックを構え、
多分、今はパリに3店舗あるんじゃないかな。



なんとか、ブティックを埋めれる商品を生産し、
サイズも40まで頑張った。
でも、お店に商品が置かれたのは、3月半ばになった。
メトロで運んだよ。
そんなことも、ウキウキ。
初めてのブティック。



しかし、悲しいことに、その1週間後に
アメリカのイラク攻撃が始まったのでした。
2003年は、フランスのブティックが苦しんだ年になるのでした。
経済を予測するのと、忍耐、どっちも必要なのですね。


まだまだ、未熟だった私でした。


*このカテゴリーのブログは物語り形式になっています。今までのお話を読みたい方は、こちらへ


Cart
Category
Recommend
Profile

平野 恵美(megu)

皆様の期待にこたえられるよう、かわいい商品を企画、提供していきたいと思います。
また、ブログではヨーロッパのもろもろについて書いていきたいと思います。
サイズ・コーディネイトの相談などのりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいね☆

Mail Magazine
メルマガ登録・解除はこちら