netshopオープンへの道 VOL7−フランスで仕事をする−



私のフランス人への仕事に対するイメージは2種類ある。
それも、前半3年間と後半3年間では、イメージが180度違う。

前半3年間は、多くのフランス在住の日本人が持ってるイメージ。
後半3年間は、とってもいいイメージを持っていて、
みんなに事実を伝えたい気持ちです。


本当に前半3年は、イライラした。
私たち日本人は、世界でもっともスピーディで
持つことが苦手な人種だと思う。
そして私たちは、世界一の正直者だと思う。
そんな私たちがゆっくりなラテンの国で仕事をする。
で、もって、私が初めて内勤で仕事をした会社は
動物園(アパレルです)だった。
比較するものがない私は、日本と比較をし、
この国で暮すのは、楽しいけど、仕事は、まっぴらだ。と、
将来への希望が持てなくなりつつありました。

それが、自分のブランドを始める
きっかけとなったのは、確かです。
幸せ1番思考のわたしは、
運命のいたずらに負けるのが嫌なのです。
ならば、幸せになれる方法を探す。

では、なんで日本に帰らなかったのと言うと
帰りたくない理由が他にあったから。
まあ、そのへんは、みな様の想像にまかせます。


前にヴィザをとる時に仕事をした会社で
1型分の代金を頂いてないので
夏休みあけに電話をしたのが
ことの始まりでした。

1日4時間、内勤で働いてくれないかという
向うの提案に戸惑いました。
その会社の商品は、あまり好きでなかったのと
その有名なサンティエ界隈で働くのに
抵抗があったからです。


ただ、仕事を見つけるのは、
許可証があっても大変でした。
いや、多分、フランスで働くという
別の価値観を受け入れるのが
大変だったのだと思います。
後は、コンプレックスが邪魔しました。
このコンプレックスについては、次回に書きますね。


だから、決めました。
生活していかなくては、いけないし、
このコンプレックスになっている言葉を
覚えるのにいいチャンスと捉えて。。。。。

幸い、向うは、わたしがフランス語を話せないのを
受け入れてくれてました。
今、思えばとってもラッキーなことです。

そして私のフランス人との仕事が始まったのでした。

 

 

つづく・・

 

 

*このカテゴリーのブログは物語り形式になっています。今までのお話を読みたい方は、こちらへ

 

Cart
Category
Recommend
Profile

平野 恵美(megu)

皆様の期待にこたえられるよう、かわいい商品を企画、提供していきたいと思います。
また、ブログではヨーロッパのもろもろについて書いていきたいと思います。
サイズ・コーディネイトの相談などのりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいね☆

Mail Magazine
メルマガ登録・解除はこちら