netshop.オープンへの道 VOL5 −仕事用ヴィザ申請奮闘記−



新しい会社に行く道のり、私はどきどきしていた。
社長に仕事依頼の証明書を書いてもらう為に歩いていた。
ヴィザ更新のために書いてほしいと言うつもりだった。
ただ、私は嘘がきらい。

私が私の人生においてもっとも嫌いなこと。。。。。

後悔。
やる前にあきらめること。
うそ。

うそが嫌いというと、とっても
真面目くさい印象があるかもしれない。
うそをついたことがばれたり、
それについて心配するのが面倒だし、
潔く生きたい私には、
嘘という行為は、とっても、せせこましく感じる。
でも、フランス人は、外国人のヴィザが
どーなってるかなんて知らないし、
面倒くさがって知ろうともしない。

しょーがないのだと自分に言い聞かせた。


がーん

まだ、1ヶ月しか仕事をしてないから、
そういう証明書は、書けないと言われた。

私の申請の為のアポイントは2日後なのに。。。。。
やっぱり、うそついた罰だ。

とっても、憂鬱になった。
また日本に戻ってお金ためて戻ってくる根性はない。

だが、次の朝、目が覚めるとなんか、
もしかしたら1社でも、うまくいくかもしれないと思った。
そう、私の長所は、立ち直りがはやいこと。
どっちみち、アポは明日だ。行くだけ行ってみよう。

11時のアポなのに2時間待って、
やっと窓口にいけたにもかかわらず、
窓口の人は学生からフリーランスに書き換える
やり方を知らなかった。
いろんな人が集まってごちゃごちゃもめ、
最終的に他の商談室みたいなところに呼ばれた。
おどおどした感じのおじさんでとても上司に見えない。

おじさんは先にフリーランスの登録する事務所にいって
登録書類を持ってきてほしいと言う。

このとき私は自分がこの謎解きをしなくては、
いけなくなることを、まだ、知らなかった。

 

 

つづく・・

 

 

*このカテゴリーのブログは物語り形式になっています。今までのお話を読みたい方は、こちらへ

 

 

Cart
Category
Recommend
Profile

平野 恵美(megu)

皆様の期待にこたえられるよう、かわいい商品を企画、提供していきたいと思います。
また、ブログではヨーロッパのもろもろについて書いていきたいと思います。
サイズ・コーディネイトの相談などのりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいね☆

Mail Magazine
メルマガ登録・解除はこちら